レンズの記事のまとめ

写真を楽しむために必要な道具、カメラとレンズ。現在、持っているカメラは4台、レンズは14本。

これらのカメラを購入した経緯や、保有するレンズの特徴など、カメラとレンズの記事をまとめました。

PENTAXユーザあこがれの単焦点レンズ。FA Limitedレンズの魅力に迫ってみる

PENTAXユーザならば、一度は使ってみたい、一度は使ってもらいたいレンズがFA Limitedレンズ。

見た目の高級感もある、このレンズの魅力について書いています。

PENTAXユーザあこがれの単焦点レンズ。FA Limitedレンズの魅力に迫ってみる

明るい単焦点レンズの写りにいちころです。FA35mmF2ALの巻

見た目はチープで設計も古いけど、「隠れスターレンズ」と呼ばれ、明るく、できれば予算の範囲内で評判のよいレンズを探したところ、FA35mmF2ALが候補にあがりました。

明るい単焦点レンズの写りにいちころです。FA35mmF2ALの巻

明るい単焦点レンズのススメ

単焦点レンズって、字のごとく、単一の焦点のレンズ。すなわちズームができない。
「そんな面倒くさいレンズは必要ないよ」
「レンズのリングを回すだけで寄ったり、離れたりできるズームレンズの方が便利」
って思ってました。

ある雑誌で明るい単焦点レンズを1本持っていると便利と書いてあったので買ってみようかと思いました。

明るい単焦点レンズのススメ

中望遠レンズはスナップに不向きか?中望遠レンズの良さを探る

スナップ写真は素早く一瞬で撮る必要があるため、単焦点レンズがおすすめ。
人物を入れたスナップでは、DA★55mmが使い勝手が良いです。

DA★55mmは画角、安定性、防塵防滴、特殊コーディングされていることを含めてスナップ向きの中望遠レンズだと思います。

中望遠レンズはスナップに不向きか?中望遠レンズの良さを探る

広角レンズ好きなのに望遠レンズが気になってしょうがない!

広角レンズが好きなんだけど、昨年の今頃発売となった望遠ズームが気になってしょうがありません。

「HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE」というレンズ。電磁絞りを採用し、爆速で合焦するようになりました。

爆速合焦、気持ちいい~。

広角レンズ好きなのに望遠レンズが気になってしょうがない!

画像を切り取るのが苦手なのに急に望遠レンズが気になった理由

急に気になりだしたDA55-300mmの望遠レンズ。

何気に価格.comを見ていた時にDA55-300mmのレンズが、「~1位」というのが目に飛び込み、ちょっと気になったのがキッカケ。

これが「レンズ沼」です。

画像を切り取るのが苦手なのに急に望遠レンズが気になった理由

ペンタックスの望遠レンズがおすすめ!初の電磁絞りにイチコロ!

苦手で興味の無かったレンズなのに急に欲しくなるのが、写真の怖さと面白さです。
怖さとは、欲しくなると欲しくてしょうがなくなるところ。

電磁絞りにイチコロ!

ペンタックスの望遠レンズがおすすめ!初の電磁絞りにイチコロ!

海外旅行に持っていくカメラとレンズに悩みませんか?

大型連休の始まり。ど~んと9連休。海外旅行に持っていくカメラとレンズに悩みませんか?僕は悩みます。スゲー悩みます。

「どのカメラとレンズを持って行けば楽しいか?」で選ぶことにしました。

海外旅行に持っていくカメラとレンズに悩みませんか?

ミラーレス用の広角レンズのおすすめ!安価で高級感あるLEICAブランド購入記

ハワイに行く前にどんなカメラとレンズを持って行くか悩み、一度はミラーレス用の広角レンズ15mmを購入しかけたけど、思いとどまったことがありました。

けれど、結局、買っちゃいました!

「購入しようと持ち上げといて、よく考えたらやっぱり要らない」と言っておきながら、でも買っちゃった優柔不断なお話です。

ミラーレス用の広角レンズのおすすめ!安価で高級感あるLEICAブランド購入記

ハワイに一眼カメラは必要か?単焦点レンズで撮影した風景写真!

観光旅行と違って、ハワイでは海やプールで遊んだり、ハイキング、ショッピングなど目的は様々。旅行の目的によっては、時にカメラが邪魔になる時もあろうか思われます。

「カメラを持って行くべきか」「持って行くのはやめようか」「スマホで十分」と旅行に行く前に悩む人も多いでしょう。

でも、綺麗な写真を少しでも撮りたいと考えているのであれば、是非持って行ってほしいと思います。

ハワイに一眼カメラは必要か?単焦点レンズで撮影した風景写真!

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRを買った理由!時代は繰り返す…

過去、好んで使っていた「DA16-45mm F4 ED AL」というレンズと「絵造り」が良く似ている「HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WR」というレンズ。

同じ16mm始まりだし、写真が楽しくて夢中になって撮りまくっていた頃を思い出し、欲しくなってしまいました。

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRを買った理由!時代は繰り返す…

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRで撮る!【伊豆下田編】

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRを購入して初めて本格的に持ち出して撮ってみました。

やっぱり便利さでいうとめちゃくちゃ便利でした。

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRで撮る!【伊豆下田編】

HD PENTAX-DA16-85mmF3.5-5.6ED DC WRで撮る!【富士花鳥園編】

伊豆下田から移動して、御殿場で一泊。御殿場には最大級のアウトレットがあるけど、被写体にはなりにくいので、急遽、「富士花鳥園」というところに行くことにしました。

 

レンズにカビを生えさせない!ドライボックスを使い続けた3つの理由と4つのやめた理由

レンズにとってカビは大敵。写真を撮ってカメラバックにそのまま入れっぱなしにするのはもってのほか。あっという間にレンズにカビが生えてしまいます。

カビが生えないようにドライボックスを使用していましたが、あることをキッカケに防湿庫を購入しようと思ったので何でそう思ったか紹介します。

レンズにカビを生えさせない!ドライボックスを使い続けた3つの理由と4つのやめた理由

レンズにカビを生えさせない!防湿庫を買って感じた4つの満足!

防湿庫なんて要らない。ドライボックスで十分とず~と思っていましたが、あることがキッカケとなり防湿庫を購入しました。

買ってよかった~と思った4つのことと、購入で激しく一番悩んだことを書いています。

レンズにカビを生えさせない!防湿庫を買って感じた4つの満足!

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする