明るい単焦点レンズのススメ

僕が最初に買ったデジイチはPENTAXの*istDL2というカメラでズームレンズがセットになって販売されていたレンズキットを購入しました。

カメラに標準レンズがセットになっているので、これはお得。ラッキー!って思ってました。焦点距離が18-55mmのズームレンズで望遠側がちょっと足りないけどそこそこ便利。

しばらくは何の不自由も感じることもなく使っていました。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




単焦点レンズが気になった

単焦点レンズって、字のごとく、単一の焦点のレンズ。すなわちズームができない。
「そんな面倒くさいレンズは必要ないよ」
「レンズのリングを回すだけで寄ったり、離れたりできるズームレンズの方が便利」
って思ってました。

ある雑誌で明るい単焦点レンズを1本持っていると便利と書いてあったので買ってみようかと思いましたが、「明るいレンズって何?」てっきり写真が明るく撮れると思ってました。最初は皆さん勘違いされるみたいです。

写真の明るさは露出補正で調整します。なので、暗いレンズでも明るい写真を撮ることはできます。

明るいレンズとは、F値が小さいレンズを言います。
F値とは、レンズの絞りが最大に開いた状態で、F値は商品名に記述されています。
「FA35mmF2AL」の場合はF2なのでF値は2、「DA18-55mmF3.5-5.6AL」の場合はF値は3.5~5.6。ズームレンズは焦点距離が変わるのでF値も変わります。F値が一定のものもありますが、比較的高価になります。

ちょっと、ごちゃごちゃしちゃったので整理しますね。

単焦点レンズの利点

1.画質がよい

ズームレンズと比べて構造がシンプルなので最適なレンズ設計ができる。比較的ズームレンズと比べて画質がいいと言われています。

2.明るいレンズ(F値が小さいレンズ)が多い

では、明るいレンズだと何がいいの?
・ピントがあっている位置から前後に大きくぼかした写真を撮ることができます。
・絞り開放時は光を沢山取り込むことができるのでシャッター速度をかせぐことができ、手ぶれを抑えることができます。

3.価格が比較的安い

PENTAXの場合、DA50mmF1.8(F値が1.8で50mmの単焦点レンズ)が1万3千円で手に入ります。

4.写真が上達する

僕が単焦点レンズに一番興味を持った点です。焦点距離が決まっているので画角をつかみやすい。

また、ズームできないので前に寄ったり、後ろに下がったり自分が動かないといけない。プロのアマの違いは如何に多くシャッターを切ったかだと思うので、動きまわって色々な角度や距離でシャッターを切るのが上達の早道だと思っています。

まとめ

実はここで単焦点レンズに興味を持ったことが、後々、写真生活に大きな影響を及ぼすことになります。

ズームレンズは確かに便利だけど単焦点の魅力に引き付けられてしまいました。

レンズの記事のまとめはこちらです。
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする