グリップ交換すると別物のカメラになる。PENTAX-KPカメラの三形態!

管理人写旅人
今回はPENTAX-KPカメラの特長であるグリップ交換について書いてみるよ!

Noko
書くのはいいけど、何かいつもとブログの雰囲気が・・・

管理人写旅人
そうそう、会話形式を導入したから。よろしく!

Noko
ふ~ん、そうなんだ。何で僕が文鳥なのかわからないけど、まあいいか。PENTAX-KPカメラのグリップについて書くんだね。早く聞かせてちょ!

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




PENTAX-KPのカメラはグリップを交換できる!

PENTAX-KPが発売されてから一年が経ちます。発売されたのが2017年2月23日。僕が購入したのが、CP+2017が開催された時なので2月26日だったかと思います。いつもだと1年ぐらい価格が下がるのを待って、初期不良もないのを確認して購入するのですが、余程、欲しかったんでしょうね、速攻で購入しました。

そのPENTAX-KPの最大の特長は、アスセラレータ搭載により、ISO感度が最高で819200という超高感度撮影を可能としました。

管理人写旅人
それから、あまり目立たないけど、ひっそりと「グリップ交換システム」を採用したんだね。

Noko
PENTAXってメーカーは色々と面白いことをやるメーカーなのね。

「グリップ交換システム」とは?

PENTAXによると・・・

グリップを簡単に交換することが可能。使用レンズやホールド感、スタイルの好みに合わせ、撮影者自身でカスタマイズが行えます。
(出典:PENTAX-KP カタログ)

要するにグリップを自分で交換することができるということです。グリップはS、M、Lの3種類用意されています。

グリップS(標準装備)

カメラを購入した時に最初に標準で装着されているのがこのグリップ。Sサイズなので一番小さくて薄いです。



コンパクトに収めたいのであれば、このグリップがいいけどちょっとホールド感では劣るような感じです。DA21mmとかFA43mmなどの小さなレンズとのバランスがいいと思います。

グリップM(別売)

別売のグリップM。グリップSと比べて厚みが増すのと、前面にひっかかりがあるので、Sと比べてホールド感がアップします。デザイン的にも小型カメラの良さを壊すことなくマッチしていると思います。


グリップL(別売)

一番大きいグリップL。別売ではあるけれども購入方法は2通りあります。グリップLを単独で購入する方法とバッテリーグリップを購入する方法。バッテリーグリップを購入するとグリップLとセットになっているので、重複して購入しないように注意が必要です。

Noko
二つも要らないもんね。



グリップLは、深く持つことができるので、ズームレンズなど大きなレンズを使う時にしっかりとホールドできます。ただし、前ダイアルの上にグリップが被さってしまってデザイン的には今一つです。

Noko
前ダイヤルの向きが他カメラと違っているのはこのためなんだね。

管理人写旅人
でも、ダイアルの使い勝手は問題ないよ!
 

まとめ

「グリップ交換システム」の採用によるデメリットは、バッテリーが小さくなったこと。グリップ部にバッテリーが装着できないために、本体部にバッテリーを持っていくしかなく小さくせざるを得なかったと思います。

管理人写旅人
だけど、僕はこのシステムは大歓迎!グリップ部にバッテリー室があると強く握った時に「ギシギシ」と音がするカメラを以前使ってたから!

Noko
そういう時って、写りに関係ないけど、撮影時のテンションが下がるよね。

グリップを外すと写真のようになっています。かなり頑丈な造り。強く握ってもガタツクことはないでしょう。

取り付ける時は、付属の六角レンジで締め付けます。ネジを緩めても、ネジが無くならないようにグリップから外れないような仕組みになっています。

Noko
結局どのグリップがいいの?

どれが一番いいかというと、デザイン性と機能性を合わせ持ったグリップM(トップの写真)。だけど、ズームレンズを使用する場合は、ホールド性のいいグリップLが一番。簡単に取り付けられるとはいっても、頻繁に変更するのも大変だし悩ましいところです。

Noko
結論は?

デザイン性を犠牲にしても通常はグリップLを使用して、気分を変える場合はグリップM。グリップSは殆ど使うことはないかな。

こんなPENTAX-KP。購入した理由はこちら
↓↓↓↓↓

PENTAX-KPを購入した理由。それは、購入前に持っていたK-3とK-S2のいいとこ取りのカメラだから。 K-3 vs K-S2 そ...
Noko
PENTAX KPが欲しくなってきたぞ。こんな動画を見つけたぞ

カメラの記事のまとめはこちらです。
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする