Lightroom

レタッチでつまらない写真がよみがえる!かすみの除去を使ってみた。

昨年の秋に行った十和田湖の写真。時期的には紅葉バッチリでしたが、あいにくの雨模様。 いかにもどんよりとした写真です。 時たま青空が垣間見えたのでここまで暗くなかったハズ。レタッチで蘇らせようと思います。 レタッチソフトはLight...
レンズ

DFA21mmLimitedが発売されるらしい。PENTAX 新製品!

PENTAXからメールが来て、新型コロナウイルスで開催できなかった今年のCP+2020(カメラと写真映像のワールドプレミアショー)で本当だったら参考出展するハズだった製品がリコーイメージング(株)のHPに掲載されている案内が届きました。...
スナップ写真

こんな時だから三密で写真を撮ろう!ポタリングスナップのススメ!

自粛、自粛で撮影にいけない写真愛好家が多いと思いますが、こんな時だから三密を避けて撮影するにはポタリング撮影が最適。 PENTAXのHPに「ポタリングスナップのススメ」が掲載されていたのでこれに便乗してご紹介。 過去に「自転車に乗っ...
機材

ピークデザイン製のストラップのたった一つの問題点!三脚が使えない。

ピークデザイン製のストラップはアンカーというものを付けておけば簡単にストラップの脱着ができる素晴らしく使い勝手のいいストラップです。 ただ、一つだけ問題点が・・・、写真を交えながら説明しましょう。 ピークデザインのストラップを購...
機材

ピークデザイン製のストラップが素晴らしい!一瞬でストラップを付け替えられる!

カメラのストラップはカメラを購入した時に付属でついていますが、使ったことがありません。 理由は2つ。 ①付属のものは首からぶら下げるのが多く短い。 ②メーカー名がダサい。 上の写真だと上の細いのがPENTAX K01用、下がPE...
写真について

一眼カメラの特権であるボケ表現、むやみにぼかしてはダメ?

一眼カメラとスマホカメラとの大きな違い、それはボケのある写真を簡単に撮れること。 ボケは、「レンズの明るさ」、「焦点距離の長いレンズ」、「センサーサイズ」「被写体と背景の距離」が関係します。 すなわち、F値の小さいレンズ、望遠レンズ...
写真について

露出を理解すると写真は変わるのか?露出補正を変えてみよう!

外出自粛中にできること。写真を見直してみては?というメールがペンタックスから届きました。 その記事の中で過去写真が色々掲載されていてツラツラと見ていて気になったのが露出補正の値。 露出補正のことだけど、カメラって何も操作しないとネズ...
写真について

こんな時だからこそ家で写真を撮ろう!

新型コロナウィルスの感染が広まり全国民に自粛を呼びかけています。 GWを迎えるにあたり我慢のしどころです。 新緑の季節に外に撮りに行きたいのはやまやまですが、こんな時だからこそ家で写真を撮って見ました。 大した被写体でないのでしょ...
レンズ

フルサイズ用の望遠レンズに迷う

新型コロナウィルスのために外出自粛なので過去写真を整理しつつ欲しかった望遠ズームレンズのことでも書いてみようかと思います。 今はPENTAX-KPを使っている時に買った「HD PENTAX-DA55-300mmF4.5-6.3ED P...
撮影記

PENTAX K-1 で撮る 観光地-鎌倉!

観光地の鎌倉に久々に写真を撮りに行ってきました。 撮りに行ったと言っても今じゃないですよ。新型コロナで自宅で自粛中ですから! 3月初旬ごろのことです。その頃はこんなに感染が広がるとは思っていませんでした。 その頃はそれほど自粛ムー...
写真について

「ブラック&ホワイト」の世界

過去にこんな記事を書きました。 「写真に飽きたら変わった撮り方をしたらどうでしょう」のようなことを書いた気がします。 モノクロには色がないので形と光と影に着目すべきであり、逆に色を意識しなくてもいいので構図に集中できるとも書きま...
カメラ

誰も知らないと思われるペンタックスの隠された謎

新型コロナウィルスの感染拡大により楽しみにしていたCP+2020が中止となりガッカリ。 でも一番がっくりきているのは各メーカーだろう。オリンピック前に新製品を売り込むための一大イベントを失ったのだから。 そのオリンピックも何だか怪し...
写真について

PENTAX K-1を使いこなすプロカメラマンの言葉が参考になったハナシ

PENTAXは今年創業100周年を迎えます。 そのイベントに合わせて「写真家」吉村和敏さんが「人はなぜ光学ファインダーや一眼レフに惹かれるのか」という記事をデジカメWatchに掲載しています。 非常に参考になり、楽しく読ませていただ...
雑記

もしもペンタックスがカメラ市場から撤退したら?

デジタルカメラ市場は衰退の一途 ネットニュースでデジカメ市場に関する大変気になるニュースが掲載されていました。 それは、デジカメの売れ行きが8年間で7割縮小したという衝撃的なニュース。 まあ、好調ではないのは分かっていましたが、最...
カメラ

PENTAX KPからフルサイズK-1になぜ買い替えたか?

今までいつもカメラを持ち出せるようにと小さいカメラを好んで購入してきました。そもそも、キヤノンやニコンなどのメジャーなメーカーを選ばずにペンタックスを選んだかと言うと理由はいろいろあるけど、小さいというのも大きな理由の一つ。 ...
雑記

3カ月ぶりの記事更新。ボチボチ再開していきます。

3カ月ぶりの記事更新。フルサイズを購入してこれからって時に全くブログを更新しなくなっってしまいました。 カメラを辞めたわけでもないし、ブログをやめたわけでもない。 実はやらなければならない優先順位というものがあってそっちを優先させて...
カメラ

PENTAX K-1 markⅡで試し撮りしてみた。小雨降る中お試し撮影!

この間、購入したフルサイズ一眼カメラ"PENTAX K-1 markⅡ"。せっかく購入したので早く撮影したいという逸る気持ちがあるものの季節は梅雨。 良い天気に恵まれません。大雨の地域の方々は大変だろうと思います。 そんななのに、の...
カメラ

PENTAX K-1 markⅡとの相性バツグン感をつらつらと述べる話

先日、フルサイズ症候群を発症した。この症候群を発症するともうフルサイズカメラを購入しないと治らないと言われている。 PENTAX K-1 markⅡを購入してから、家電量販店に寄り道もなくなりすっかり完治した。 ...
カメラ

フルサイズ症候群が発症していた!フルサイズを遂に買ってしまった話

会社を転職して早や3カ月。ちまたでは賞与の季節。僕には関係ない。試用期間中だし出るわけがない。仮に出ても寸志レベルであろうと思っていた。 ところがどっこい、賞与出ました! 寸志どころか予想外の金額。当然、満額とはいか...
写真について

ハイパーマニュアル機能を使ってマニュアル露出を使ってみた話

前回の記事で露出を固定するためにAEロックを使った話を書いたけど、それから色々勉強して見たら、それはどうも使い方としてはちょっと違うようです。 露出を固定するためには一般的にはマニュアル露出を使うのが基本だとか。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました