あっと言う間に秋の訪れ!ハロウィンの撮影スポットを語ります!

9月に入ると例年だとめっきり涼しくなります。今年の夏は猛暑だったので、秋の訪れは、まだまだかもしれませんが、9月になると装いはすでに秋。スーパーの飾りやディスプレイ、商品のパッケージは秋を感じさせます。

秋から冬にかけては被写体受難の季節

春から夏にかけては、段々と陽気が良くなり、様々なイベントなどが行われるので、スナップ写真の被写体は事かかないのですが、秋から冬にかけては、めっきり減ってしまいます。

春の桜と並び秋の紅葉が、写真家にとっては、大きなイベントとなると思いますが、僕は紅葉は苦手なんですね。きれいと言っても枯れ葉ですから、あまり綺麗な紅葉にめぐりあえない。もみじよりかはイチョウの黄色い紅葉の方が好きです。
あとは、彼岸花とかコスモスぐらいでしょうか。

そんな中、最近、日本でも流行出しているイベントがハロウィン。あちらさんのイベントですし、カボチャおばけとか魔女の暗いイメージのためか、クリスマスのような派手さはありませんが、各地で様々なイベントが行われます。

ハロウィンってどんなお祭り

そもそもハロウィンっていつなのかと言うと10月31日です。秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの行事だったようです。アメリカでは定着した行事として、カボチャをくり抜いたランタンを作ったり、魔女やおばけに仮装して近所をまわる風習があるようです。

日本でもこの風習を真似て、10月後半にかけて、仮装パーティーやパレード、ハロウィンの飾り付けなどのイベントが行われます。

ハロウィンのイベント

ハロウィンを被写体に撮影をするなら、色々とイベントが行われるようなのでチェック。

1.KAWASAKI Halloween 川崎ハロウィン2018 パレード
日時:2018年10月28日(日)13:30~16:00(予定)
場所:JR川崎駅東口周辺1.5Km
特長:日本最大規模のハロウィンパレード。仮装者のレベルが高い。

2.東京お台場ハロウィン T-SPOOK
日時:2018年10月20日(土)~21日(日)※2017年開催から予測
場所:台場周辺
特長:パレードだけでなくライブも行われる。有名人やアーティストが仮装して参加するといううわさがあるので写真に撮れるかも。

3.横浜山手西洋館ハロウィンウォーク
日時:2018年10月28日(日)
場所:横浜山手西洋館付近
特長:10月後半は横浜山手西洋館がハロウィン風に装飾される。写真をゆっくり撮るにはおすすめ。

まとめ

秋はイベントが少ない季節。日本にも最近浸透しつつあるハロウィンの写真を撮ってみてはどうでしょうか。

仮装パレードの様子やカボチャおばけのデコレーションなどを中心に撮影してみるのも楽しいと思いますよ。
個人的にはゆっくり写真を撮りたいので横浜山手西洋館の装飾がおすすめです。

下記写真は船橋アンデルセン公園の様子。

今日のところはこの辺で。

写旅人でした。

タイトルとURLをコピーしました