日光の紅葉写真スポット 雨の中の撮影旅行に行った話

台風が迫る中、紅葉が見頃の奥日光へ撮影旅行に行ってきました。土曜日は何とか雨は持ちましたが、日曜日は雨。先週に引き続き季節外れの台風に当たってしまいました。

旅行の主催は、所属する写真クラブの恒例の年に一度の1泊撮影旅行。旅行の幹事はなんと!私がつとめさせていただきました。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




初の幹事で大変だったけど、終わってみれば達成感に満足

今までは、幹事が決めたコースについていくだけでしたが、初めて幹事を行うことになり、どこに撮影に行くかのコース決め、バスと宿の手配、参加費用の見積り、宿の部屋割り、お弁当の用意など、旅行会社のツアーコンダクターが行うようなことをやりました。

会社の仕事はIT系なので、このような事は全く畑違いで、やったことはないので大変でしたが、意外と楽しかった・・・。終わった後の達成感が半端ないです。このような仕事が本当は好きなのかも知れません。「楽しかった」と言われたのが一番の嬉しいことばでした。

写真クラブに入っていなければこのような経験をすることもなかったでしょう。50代後半になってセカンドライフを考える年代になりましたが、今までのキャリアと全く違う仕事に就いてみるのも意外といいかなと思ってしまいました。

さて、撮影旅行の本題に話を戻すと、年1回に春か秋に撮影旅行に行っています。撮影がメインなので、普通の観光旅行とはちょっと違います。まず、観光めぐりは致しません。観光地の写真を撮っても絵葉書のような写真になってしまうからです。

今回のテーマは当然「紅葉」。日光東照宮が改修されたため、観光目的なら一目見にいくところだけど今回は割愛しています。

台風が接近する中、天気よ、もってくれ~

当初は20名ほどが参加予定でしたが、あれよあれよとキャンセルが続出。幹事泣かせの状況でしたが、何とか総勢11名の参加。小型バスで出発!途中で予約していたお弁当を積んで柏インターに向かいましたが、早くも予定変更の事態が発生・・・。

東北自動車道がすでに渋滞が始まっているとのこと。こんな台風が迫った中、皆どこに行くのよ。急遽、運転手さんと相談して常磐自動車道で友部に行き、そこから北関東自動車道を経由して栃木都賀JCTで東北自動車道に合流することにしました。少し遠回りになるけど、北関東自動車道がガラガラ状態であるのは夏のお盆でのドライブで実証済です。結局、日光には時間通りに到着しました。

最初の撮影場所は「華厳の滝」。観光地は外すんじゃなかったの?って声が聞こえて来そうですが、まあいいではありませんか。僕にとっては小学校の修学旅行以来です。エレベーターで下に降りると確か大迫力の滝が見れるハズ。ですが、やはりこの時期は紅葉狩りの客で混雑しており、上からの滝を撮影することにしました。

天気が悪く、パッとした写真が撮れない。カメラマンたるもの天気のせいにしてはいけませんが、撮れないものは撮れない。こんな写真しか撮れませんでした(紅葉とは全く関係なし)。

2番目の撮影場所。イタリア大使館別荘記念公園

昼食を挟んで中禅寺湖の畔にあるイタリア大使館別荘記念公園での撮影です。ここはまさしく紅葉がきれい。僕の好きな黄葉が多いのもいい。中禅寺湖の畔に別荘が建っており、その別荘を背景に木々を撮るのも絵になります。別荘の中には入りませんでしたが、外から別荘の中の照明を撮ってみました。

ところで今回の撮影旅行で準備したレンズは3本です。雨が予想されたので1本は防塵防滴簡易防滴のズームレンズ HD PENTAX-DA55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE。それと、広角レンズでどれか1本持って行くとしたらで書いたHD PENTAX-DA21mmF3.2AL Limited。同じく標準レンズのHD PENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limited。時より雨がぱらついていたので、防塵防滴簡易防滴のDA55-300mmをほとんど付けてました。

そんなレンズで撮ったのがこの写真。
この写真でねらったのは、別荘の照明がメインですが、それと、窓ガラスが古く波打っているところを撮りたかったけどうまく表現できませんでした。

3番目の撮影場所。湯滝

ここも小学校の修学旅行以来に来た場所。あの時の記憶がよみがえります。滝の迫力に圧倒され興奮した時のことを思い出しました。下からだと滝しか撮れないので滝が流れはじめる上まで登ってみることにしました。

運動不足の体には相当厳しく、途中2回ほど休憩して到着。滝の上は湯ノ湖という湖になってました。

宿に到着。恐るべしコストパフォーマンスの宿

撮影を終えて早々と宿でゆっくりすることにしました。温泉と宴会の楽しみの始まり。撮影旅行は撮影が主な目的ですが、部員間の懇親を深めるのも目的の一つ。いかに満足できる宿に安く泊まれるか、幹事の腕の見せどころです。

泊まった宿は、先ほどの湯滝の上にある湯ノ湖の畔にある「奥日光 おおるり山荘」。おおるりグループのひとつで他にも鬼怒川、湯西川、塩原温泉などにいくつかホテルを持っています。驚くべきはその安さ。3人1部屋で2食付きで5,750円です。このあたりのホテルは軽く10,000円は超えるところがゴロゴロあるというのに。かと言って決してひどい宿ではありません。そこそこ綺麗だし、目も前には湯ノ湖が広がりロケーション抜群。温泉は広い露天風呂が夜中はいつでも入れます。部屋にもユニットバスですが風呂付。朝夕はバイキング形式の食べ放題。夜は布団を敷いてくれるし・・・。

驚くべきことはそれだけではありません。

なんと!夕食時には1時間の飲み放題付きです!

追加料金などかかりません。ビール、熱燗、ワイン、ハイボールがジャンジャン飲めます。これにはビックリです。皆さん満足していただきました。1時間というのはちょっと短いけれども、その後は部屋に戻って二次会の始まりです。何とも楽しい夜を過ごすことができました。

2日目、本降りの雨のため、大幅な予定変更

2日目。本当ならば朝早く起きて湯ノ湖での撮影を予定してましたが、大雨のため中止。2日目のメインは竜頭の滝でしたが、この雨では期待できないということで、金谷ホテル庭園に変更しました。残念!

日光金谷ホテルは明治6年に開業した日本最古のリゾートクラシックホテル。宿泊客ではありませんが、庭の紅葉をちょいと撮らせていただきました。

雨はザンザン振り。あ~天気が悔やまれます。

小一時間写真を撮って、もうこの日は帰ることにしました。雨はひどくなるし・・。バスの中でお酒飲んで・・、おしまい。

我がクラブは、写真を撮るだけでなく、お酒が好きな人もそろっているので、例会後は昼間でも宴会。何のクラブか分からなくなる時がありますが、市民クラブなので気儘に楽しむことが大事。

皆さん、楽しかったと言ってくださったのが幹事冥利に尽きます。次回、またこのような機会があったら頑張りたいと思います。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする