レンズは資産と言われていますが、手持ちレンズを自己評価。広角レンズ編!

「カメラは消耗品、レンズは資産」とよく言われます。カメラは新しいのが発売されるとどんどん値が下がりますが、レンズは基本的には、新しいカメラを購入してもレンズは使えるのでいいレンズは値が下がりにくいと言われています。
ただ、カメラメーカーが消滅しない場合の話ですが・・・。
そういう意味では、PENTAXにはいつもヒヤヒヤさせられる。最近、新製品のうわさを聞かないけど大丈夫かな。

気を取り直して・・・

この間、望遠レンズを購入してからシステムとして10mmから300mmまでラインナップが整いました。当面の間、レンズを購入することはないと思いますが、各レンズの自己評価をしてみたいと思います。まずは広角レンズ編。

smc PENTAX-DA FISH-EYE10-17mmF3.5-4.5ED

いわゆる魚眼レンズです。魚の目です。こんな記事を書いてます。

魚眼レンズを使うとこんな面白い写真が撮れるよ
単焦点レンズにハマった次なるレンズは意外にも・・・ 単焦点レンズで明るいFA35mm、ちょっと広角のDA21mmを買った後にどうしても欲しくなったレンズがありました。PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5...

非常に面白いレンズ。ただし、上の記事でも書いていますが、多用すると飽きるため、当然ながら常用レンズではありません。通常のレンズにない写りなので、お遊びレンズとして、たまに持ち出して使うが、撮り方によっては湾曲がすごいので撮り方が難しい。

smc PENTAX-DA15mmF4 ED AL Limited

このレンズを購入する前は、広角の16mmが使えるという理由でDA16-45mmF4EDALのズームレンズを使用していましたが、大きいが故に徐々に使う頻度が減ってしまいました。

16mmしか使わないなら、これを下取りに出し、小型のDA15mmF4にしようと思い買ったレンズ。使っていて楽しいレンズだが、F4始まりで若干暗い。

HD PENTAX-DA21mmF3.2AL Limited

このレンズの前身のsmc版から一番長く使っており、一番出番の多いレンズ。スナップ撮りには、使いやすい画角であり、寄ることもでき、寄るとそれなりにボケます。HD版になったら旧版とくらべて劇的に画質が良くなったという噂に踊らされ購入したレンズ。小型軽量で小型のPENTAXの一眼レフと良く似合う。
最近、前ピンであることが発覚し、その時の記事がこれ。

レンズのAFのピント点検したら、想定外のレンズがピント調整の対象だった。
写真を撮っていると「あれっ!」ピントが合ってないんじゃないの?と思う時があります。大体は、腕が未熟なための単なるピンボケ写真なんですが、たまに「レンズかカメラがおかしいかも」と思う時があります。 今日はそんな話をちょこっとして見ます。...

また、このレンズのレビューを書いた記事もあります。

広角レンズの魅力。広く撮るだけが広角レンズの役目ではない。DA21mmF3.2AL Limitedの巻
FA35mmレンズの次に購入した初の広角単焦点レンズであるDA21mmF3.2AL Limitedレンズを紹介します。 一般的な広角レンズの写りと特性 一般に広角レンズは広いところを広く撮ると思われがちですが、それだけではなく、被写...

まとめ

以上、広角レンズ3本。1本は魚眼だけど。この中で一番無難なのはDA21mmでしょう。もじレンズを1本だけ持って行くとしたら候補にあがるレンズです。HD版なので過酷な条件でもフレアなどは出にくい。

DA15mm。最初から広角で撮ると決めた時にチョイスする1本。DA21mmとくらべてボケにくいがパンフォーカスでシャープな写真を撮る時にはかかせない1本。

FISH-EYEは常用しないが、インパクトのある写真を撮る時にたまに持ち出して遊んでみるレンズ。他のレンズも持ってくるべきだったと後悔することが結構あるので、サブ的な存在。

今日のところはこの辺で。

写旅人でした。次は標準レンズに続きます。

 
 
 
タイトルとURLをコピーしました