レンズは資産と言われていますが、手持ちレンズを自己評価。標準レンズ編!

広角レンズ編に続いて標準レンズ編。標準レンズも3本の単焦点レンズを所有しています。使いやすい画角で、広角レンズと標準レンズを組み合わせて持ち歩くことが多いです。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




HD PENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limited

35mmは扱いやすい画角であるがゆえに持ち歩くケースが多く、そのため不満点も気になってしまい、何度も買い替えることが多い画角です。一番最初に購入した単焦点レンズが、35mmのレンズで隠れスターレンズと呼ばれるFA35mmF2AL。

こんな記事でもFA35mmの魅力を語ってます。

単焦点レンズの魅力については、この記事で書きましたが、実際に僕が最初に買った単焦点レンズについて書きたいと思います。 キットレンズ...

しばらく気に入って使っていましたが、FA35mmの柔らかふわふわ感の描写よりもデジタル専用のカリカリ感のレンズが欲しくなり、DA35mmF2.4ALをほぼ衝動買い。

安かったので買ったけど、マウントがプラスチックでショボく、本体もプラなのでシャッターを押した時に「キャシャーン」とエラい音が響く。これに嫌気がさして手放してしまい、しばらくして何を思ったか、またFA35mmF2ALを買い戻す。

最終的にHD PENTAX-DA35mmF2.8 Macro Limitedに行きつく。一体何をやっているんだかこれがレンズ沼の恐ろしさです。

このレンズの決め手は、マクロが使えること。本格的なマクロではないけれど、普段持ち歩いて寄りたい時に重宝します。HDコーディングであるため、収差が出にくく、逆光に強いのもDA21mmのレンズで実証すみです。Limitedレンズなのでひんやりしたアルミ削りだしの質感のも気に入っています。

ものすごく解像し、所有するPENTAXレンズの中で一番くっきりと映るレンズだと思います。

smc PENTAX-FA31mmF1.8AL Limited

所有するレンズの中で一番高額です。設計はかなり古いけれど未だに人気のレンズで同じFA LimitedシリーズのFA43mm、FA77mmと合わせて三姉妹と呼ばれています。一番最後に発売されたので三女の愛称でマニアの間では親しまれています。

何気ない被写体が、「おっ!」といった感じで撮れてしまい、画角も扱いやすく、そこそこ寄ることができます。だが、ちょっと重いので、写真を撮ることを目的に出かける時しか出動することはありませんが、もっと使い込んだ方がいいかなと思っています。線が細く、FAレンズの独特な柔らかさを持っているが、F5.6ぐらいに絞ると凄まじく解像します。

ちょっと失敗したのが、ブラックにするかシルバーにするかで悩んだ末に人気だったシルバーにしたが、やっぱり黒のカメラにはブラックが似合うと思います。この後に買うことになったFA43mm、FA77mmは共にブラックにしています。

smc PENTAX-FA43mmF1.9 Limited

FA_Limitedシリーズ3姉妹の長女。大きさはDA21mmレンズとほぼ同じで小型軽量レンズ。FA31mmとくらべて価格は若干落ちるが、こっちの描写の方が好きです。

同じような写りではありますが、敢えていうならこっちのレンズの方が面白い。面白味はどこから来ているか?それは、じゃじゃ馬レンズで写してみないとわからないところかもしれません。

FA_Limitedシリーズについては、こんな記事を書いてます。

まずはDA Limitedレンズの3本を揃えた PENTAXのレンズには、スターレンズ、Limitedレンズ、その他があると前の記事で...

まとめ

所有する標準の単焦点レンズの中でどれか一本だけ持って行くとしたら、DA35mmでしょう。画角が扱いやすいのと何と言ってもマクロなので寄れることです。

FA43mmは少し画角が狭いので、広角レンズも一緒に持ち出すとしたら、同じ大きさでじゃまにならないDA21mmと一緒に持ち出すことが多いです。

FA31mmは上述したとおり、写真を撮ることだけを目的に出かける時に持ち出します。精細な落ち着いた雰囲気の写真を撮るには外せない一本です。

今日のところはこの辺で。

写旅人でした。次回は中望遠レンズに続きます。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする