北陸地方をカメラ片手にぶらっと観光してきたハナシ(市場編)

2017年11月23日~25日の3日間、北陸地方に行って来ました。目的は1日に解禁となった越前ガニを食べに行くこと。それと、五箇山の世界遺産の写真を撮ること。

東京は穏やかに晴れたようですが、北陸は荒れ模様。雨と風、ところにより雪。夏の白馬、秋の日光、今回と3連続で雨模様です。以前はどこに行っても晴天に恵まれる晴れ男でしたが、最近は調子が悪い。うむむであります。

北陸を代表する金沢には北陸新幹線が開通してからは、家→上野→金沢と非常に便利になりましたが、今回は家→浜松町→羽田空港→富山空港→富山駅→金沢駅と何とまあややこしい方法で行きました。家を5:50に出たのに金沢に着いたのは11:00。

ANAのマイレージが溜まったので国内線特典航空券を利用したのですが、最寄の小松空港があっと言う間に満席となり、仕方がないので富山空港経由となったためです。

金沢に着いたら予約していたレンタカーを借りて、腹が減ったので近江町市場で食事を取ることにしました。

観光名所となった金沢の台所、近江町市場で撮る

北陸新幹線開通のためか、外国人がたくさん来ていました。本来は市民の台所である近江町市場ですが、金沢でも屈指の観光スポットと言ってよいでしょう。

今回、持ってきたカメラはPENTAX KP。レンズは標準単焦点レンズのFA31mmF1.8AL Limitedと望遠ズームのDA55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE。荷物になるので今回はこの2本に絞り込みました。

この2本で近江町市場を撮る!

市場って結構撮影していて楽しいです。けれども難しい。以前、値札はなるべく写り込まないようにと言われたことがありますが、1枚目の写真のように盛大に値札があるとそれは不可能です。

観光スポット化しているので、写真撮影OKが大半ですが、中には「撮影禁止!」と高圧的な張り紙をしている店もあるので注意が必要です。

鮭を釣ったこんなのを見ると写真を撮りたくなってしまう僕は、おかしいでしょうか?

写真もいいけど腹ごしらえをしなければ・・・

市場の中にはいろいろな食堂もありますが、ちょうどお昼時。どこも並んでいます。
「並んでまで食べたいか?」と自問すると並ぶのが嫌いな僕としては、「どうするか?」ってところですが、折角なら美味しいものを食べたい。

美味しいものを食べたいけど並ぶのは嫌という超わがままさんのために、「食べ歩き」があちこちにあります。

こんな大きな牡蠣を食べられたり・・・。

雲丹もあったり・・・。

にぎり寿司もあったり。美味しいものをちょっとだけ、すぐに食べれて最高でした。

腹も膨れたし、本日の宿に向かいます

寿司食って、カニ汁飲んで、雲丹食べて、市場のあちこちをブラブラしてから、本日の宿である福井県の三国温泉まで行きます。金沢からだと1時間半ほどかかるのでボチボチ出発。

雨模様なので途中どこも寄らず、撮影できそうなところもないので一路宿に向かいます。

福井の宿では、夕食は蟹のみ。他の料理はありません。ただし、蟹のフルコースであり、茹で蟹の大きさのみ選択することができます。

次回はかに料理の写真をお見せします。何ともつまらない料理の写真ですが、何せフルコースですから・・・!

タイトルとURLをコピーしました