スロベニアに入国!持っていったカメラとレンズはこれだ!

旅のお供のカメラとレンズを紹介

まずは、9日間の旅のお供に選んだカメラとレンズを紹介します。
この時持っていたカメラは次の5台。このうちどれにしようかな。迷いました。

・PENTAX K200D
・PENTAX K-3
・PENTAX K-01
・LUMIX GM1
・OLYMPUS PEN E-PM2

PENTAX K200Dは問題外。一番古いカメラだし画素数、高感度、AFのすべてにおいて検討の余地なし。何でこんな古いカメラをまだ持っているかというと、イメージセンサーがCCDだから。今はCMOSになり替わり、CCDのカメラは見かけることはありませんが、発色が好きで当時は結構好んで使用したカメラなので残しています。今でもたまにCCDの画像の写真を撮りたくなる1台です。

PENTAX K-3は当時所有するカメラの中でのフラッグシップカメラ。順当に考えれば、これを持って行くべきでしたが、クロアチアは過去に内戦を行った国なので治安を心配して、目立つカメラを持って行くのはやめました。
行ってからわかったことですが、治安は全く心配なし。いたって平和な国でした。

PENTAX K-01はKマウントのレンズがそのまま使え、写りも定評があるミラーレスカメラです。デザインがとぼけたようなカメラなので、目立たずにいいかなと思いましたが、AFが迷うことがあり、これもパス。

LUMIX GM1は超小型の軽量カメラ。荷物を減らすためには絶好のカメラ。ただ、手ブレ補正がないし、ファインダーもないので、ピーカンの時に困るなあとこれもボツ。

残ったのはOLYMPUS PEN E-PM2。そこそこ小さくて目立たない。ボディに手ブレ補正も付いているし、外付けのファインダーも持っていたのでこれに決定しました。

このカメラならレンズは必然と次の3本しかありません。
・LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH:204枚
・LUMIX G 20mm / F1.7 ASPH:792枚
・M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6:198枚

20mmの一番明るいレンズが断トツ。後半はほとんどこのレンズを付けっぱなしでした。
AFが遅いけれども写りは信頼できるレンズです。これらのシステムで挑みました。

最初の訪問国スロベニア観光(ブレッド湖)

スロベニアとスロバキア、間違いやすいですね。スロベニアは旧ユーゴスラビア。スロバキアはチェコスロバキアが分離した国。

今回、行ったのはスロベニアです。

昨日の遅い時間にクロアチアの首都ザグレブに到着。バスで国境を越えてスロベニアに入国し、スレッド湖付近のホテルに到着しました。

このツアーは全体的に観光する地に前の日に到着するように組んでいるようです。そのため、午前中の気持ちのいい時間に観光に入る事ができるのがいいです。

ブレッド湖にはブレッド島という小さな島があり、聖マリア教会が島に建っています。島は一周10分程で回れる本当に小さい島です。

島には手漕ぎボートでしか渡ることができません。手漕ぎボートと言うので、上野公園にあるようなボートで個人で漕いで行くのかと思ってましたが、20人ほどが乗れそうな大きなボートです。
漕ぎ手もそこら辺のアルバイトのような人ではなく、立派な職業で代々認められた人しか漕ぐことはできません。

この写真は逆光なので暗いですが、天候はすこぶる良いです。HDR風に加工してます。

秋晴れと紅葉。初日から癒されます。
時間があればカフェでゆったりとした時間を過ごしたいところですが、それができないのが団体ツアーの辛いところです。
湖畔をしばし散策し、紅葉を楽しんだ後は食事して、次の目的地のポストイナ鍾乳洞に向かいます。

ポストイナ鍾乳洞

スロベニアは小さな国なので、観光地があまりありません。美しい国なので本当ならどこでもいいのですが、旅行会社としてはどこか連れて行かないといけないので、だいだいツアーではここに行くのが定番となっています。

鍾乳洞の中には、イモリと言うかサンショウウオみたいな手が生えた生き物が住んでいます。
その生き物の縫いぐるみが、あちこちで売られていました。

鍾乳洞の中は広く最初はトロッコ列車で移動。
何だかディズニーランドのアトラクションのような感じ。

到着すると後は徒歩で1時間ぐらいかけて周ります。中は広く少し冷んやり。写真撮影もOKでした。
ところで鍾乳洞とは何ぞやと言うと、説明を受けたけどよくわからん。
写真を撮るのに忙しかったし‥。ただ1mm成長するのにものすごく時間がかかると言っていた気がします。
上と下が結合した写真。これがやがて柱のようになるにはどのくらいかかるだろうか。

スロベニアは1日だけの観光。
明日はクロアチアのイストラ半島を周遊するので、この日のうちにクロアチアのオパティアに移動し、ここに宿泊します。明日は同じホテルに2連泊なので楽チンでした。

観光ツアーではあまり行かない街を周遊した話に続く

ターキッシュエアラインズで行くビジネスクラスの旅9日間に戻る

クロアチア旅行記のまとめはこちらです。
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告