観光ツアーではあまり行かない街を周遊した話

今日もすばらしい天気でした。
昨日のうちにクロアチアに入国し、今日はあまりツアーでは行かないイストリラ半島の周遊です。

モトブン→ポレッチ→ロヴィニと周ってまた同じホテルに戻って来るルートで、このイストリア半島も今回の旅行での楽しみの一つです。

モトブン:天空の街。幻想的な霧に包まれ、天空の城ラピュタのような街です。
ポレッチ:小さな港町。世界遺産のエウフラシウス聖堂のモザイクが有名。
ロヴィニ:漁港。小さな路地を登ったところに聖エウフェミヤ聖堂がそびえる。

モトブンに行く途中は凄い霧で雨も降るし、「折角の天空の街も台無しだ!」と思いっきり落胆したのも取り越し苦労。モトブンに到着すると霧ははれていて素晴らしい景色でした。まるで中世で時が止まったかのような雰囲気の街。
城壁を歩いていると天空を歩いているような感じになります。

モトブンはトリフでも有名。皆さんがトリフに夢中になっている間、僕は写真を撮りまくり。

ポレチの世界遺産のエウフラシウス聖堂。一見の価値のある素晴らしいモザイクです。

ポレッチと同じく港町のロヴィニ。少し華やかな感じのポレッチと比べて、ロヴィニは落ち着いた感じの港町です。一度海に出てから旧市街の路地を登って行きます。
路地の至るところに洗濯物が干されていて、思わず写真を撮ってしまいます。洗濯物と自転車。街歩きがとても楽しい。

一番上まで登ると、聖エウフェミヤ聖堂が建つ。ここは超広角で撮ります。素晴らしい青空です。10月の天気はどうだろうかと心配していましたが、今のところは天候に恵まれています。

イストリラ半島をぐるりと周って、オパティアに帰って来ました。
ホテルの周りを散歩して夕日を撮ろうとしたけど、既に日は沈んだ後。でもまだ明るい。この感じだと明日も天気で間違いなし。明日は有名なプリトヴィツェ湖群国立公園に向かいます。

クロアチアって、旧ユーゴスラビアなのでどうしても内戦のイメージがあり、「どんなところなんだろ?」と思っていたけど、綺麗なプリトヴィツェ湖群国立公園をテレビで見てから、なんて素晴らしいところなんだろとイメージが変わったところ。

本日はホテルでバイキングの夕食です。明日は移動が多い。一気に400kmぐらい移動することになるらしいです。

秋に来てよかった!紅葉に染まる「プリトヴィツェ湖群国立公園」に続き

スロベニアに入国!持っていったカメラとレンズはこれだ!に戻る

クロアチア旅行記のまとめはこちらです。
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告