ターキッシュエアラインズで行くビジネスクラスの旅9日間

会社のリフレッシュ休暇を利用して欧州旅行に行った時の記事です。
リフレッシュ休暇は、節目ごとに5日間の連続休暇をもらえます。今でこそ働き方改革だ~ってことで「休め休めの大合唱」ですが、当時は、日頃なかなか休めない中での5連休は貴重でした。土日と合わせて9連休に有給休暇をプラスして11連休としました。

せっかくの長期休暇なので日頃行けないところを検討。ヨーロッパのメジャーなところは大体行ったので、クロアチアか、ポルトガルか、バルト三国が候補にあがりました。

いつもはGWの料金の高い時期しか行けないけど、今回は自由にいつでも休暇を設定できるので、ならば安いシーズンオフだけども、そこそこ気候のいい時期を狙いました。
9月だと料金高め、11月だと天候が安定しなくなるので、10月下旬にロックオン。

そこで決めたのが、旧ユーゴスラビアのクロアチア、スロベニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナの7泊9日間の旅でした。
個人旅行は無理なのでいつも使っている阪急交通社のツアーに決定。

旧ユーゴスラビアと言えばつい20年前までは独立戦争を行っていたところ。
でも、調べたところ今は自然が美しく、世界遺産も色々あり、治安もいいと言うことなので決めました。

ところで、旅行を決めた1カ月程前から、ハンガリーがシリアからの難民の入国を拒否したため、隣国のクロアチアに殺到。
まあでも、旅行会社のパック旅行で移動はすべてバスだし、難民の移動ルートとは全然違うので、出くわすことはありませんでした。

成田空港のラウンジを利用

2015年10月22日の早朝に自宅を出発。
成田空港付近の駐車場に車をとめ、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)に搭乗します。
搭乗前に同じスターアライアンスに加盟のANAラウンジを使用しました。

なぜ、今回ANAのラウンジが使えたかというと生涯初のビジネスクラスに搭乗するから。
ヨーロッパのベストシーズンを少し外したのもそれが理由。若い頃は何十時間のエコノミーでもヘッチャラでしたが、さすがに最近はきついです。

さすがにANAはシーズンオフでもお高いですが、トルコ航空なら一般庶民でも手の届く範囲でビジネスを利用することができました。

朝が早かったのでラウンジで朝食。朝からビール。普段は朝からビールなど飲みませんが、旅行だけのご褒美。
カミさんは折角だからとシャワーを浴びにいきました。

ビジネスクラスの数々のサービスを堪能

搭乗するといきなりウェルカムドリンクが出ました。さすがにビジネス。
因みに今回の機材はファーストクラスがないので、ビジネスクラスが最高のクラスになります。

前との座席がこんなに広い。モニタも大きい。
エコノミーしか経験のない我々は、そわそわ落ち着かない。

しばらくすると楽しみの機内食のメニューが配られました。メニューも大きくて立派。

そうこうしていると、シェフが注文を聞いてきます。
ターキッシュエアラインズにはシェフが乗り込み、機内食をつくってくれます。

まずは飲み物。赤ワインを注文しました。ちゃんとグラスに注いでくれます。

これは何かと思ったら塩、コショウ、オリーブオイルなど。スプーン、フォーク類もプラスチックでなく金物。

寿司の盛り合わせをいただく。これ以外にもシーフードサラダ、キンメダイのグリル、牛肉のトマトバターソース、パスタなどなど・・・。ここはレストランか?

シェフにグリーンピース、グリンピースと連呼され、何のこっちゃと思っていたら、持ってきたのが、これ。
あー、クリーミーグリーンピーススープのことでした。

締めはデザートのワゴンサービス。ワゴンから色々選べます。

お腹がいっぱいになったところで、イスタンブールまで一眠り。座席は180度のフラットになります。
この操作パネルで背もたれと足元が自動で稼働してベットに早変わり。フラットになった写真を撮り忘れた。残念。

目が覚めたら、喉が渇くだろうと飲み物が置いてありました。

着陸2時間前にはまた機内食が出て、最後はゴディバのチョコレートが配られました。
サービスが良すぎるビジネスクラス。エコノミーに戻れないけど戻らないといけない。

ビジネスとエコノミーの差があり過ぎますね。ビジネスを知ってしまうとエコノミーも、もうちょっと広くしてもいいんじゃないかと思いました。
最近は少し広めのプレミアムエコノミークラスもあるようですが・・・。

イスタンブールに到着

乗り継ぎのイスタンブールに到着。
空港の雰囲気はいたって普通ですが、人の感じがちょっと白人系とは違います。アラブって感じです。

爆破テロがあった空港ですし、早く退散し次のザグレブに向かいたいものです。

1時間待ちのトランジットで、さらに2時間弱かけてクロアチアの首都サグレブまで向かいました。
今回のツアーはザグレブ観光がないため、すぐにバス移動でザグレブからスロベニアに入国し、スレッド湖付近のホテルには23時ごろに到着しました。

疲れた~の一言。やっぱり遠いよ、ヨーロッパ。

スロベニアに入国!持っていったカメラとレンズはこれだ!へ続く

クロアチア旅行記のまとめはこちらです。
↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告