写真を撮る目的は何でしょう?それは、楽しむうちに見えてきます!

今まで、どこかに行った時はスマホで写真を撮っていたけど、スマホに飽き足らず、「一眼レフならきっといい写真が撮れるはずだ」って思い、一眼レフを買ってみたけど、「一体何を撮ればいいんだ?」「何のために写真を撮るんだ?」って頭でっかちになってませんか?

持ち出すのも大変だし、「こんなんだったら、スマホ写真の方が気楽だった」なんて思ってませんか?

折角、一眼レフを買ったんだしそれは勿体ないです。「何のために写真を撮るんだっけ?」を考えてみました。

本来、写真を撮る目的は何だろう

多分、普通の人達(写真が趣味でない人達)の写真を撮る目的は、以下の3つだと思います。

記念写真・思い出つくり

フイルム時代は、今のように何枚も撮ることができないため、旅の思い出として写真を撮るとスタイルが多かったのではないかと思います。写真と言えば必ず人を入れて撮るのが当たり前。
「ハイ、みなさん並んで~」っと言った感じで、バックに旅の思い出を入れて「ハイ、チーズ」。パチリというやつです。

僕はあれがどうも苦手です。撮る方も撮られる方もどちらも。最近は特に体型が大きくなってきたので、撮られた写真を見るとがっくりときます。どんな顔をしていいやら、「ハイ、笑って~」と言われても顔がひきつってしまいます。

また、撮るのも苦手です。
一眼レフを構えているからかもしれませんが、よく「シャッターを押してください」と頼まれます。昔は今みたいにすぐ結果が見れませんから、シャッター押したら終わりでしたが、今はすぐに確認されて、イメージが違うともう一枚撮ってくれと言われちゃったりします。もう少し前で撮った方がいいと思っても、後ろの建物を全部入れるようにとか注文が入ったりすることもあります。

記録写真

旅の思い出や観光名所に行って来たよ、綺麗な桜を見てきたよ、紅葉がすばらしかったよ、などの記録写真。

日本人って休みが中々取れず、折角、旅行に行くなら行ったことがないところに行こうってことになり、もうここには二度と来ないかも知れない。それで、何でも記録に残しておきたくなって撮る。

うちのカミさんがそうですから。スマホで写真を撮りますが、後で印刷するわけでもなく、みんなに見せるのでもなく、撮ったことで満足しているように見えます。

ワイワイ、ガヤガヤと皆と楽しむ

撮った写真を見てみんなで見てワイワイ、ガヤガヤ楽しむために写真を撮るケース。これは、若い人たちに多いのかも知れませんね。得意のSNSにアップして友達と共有して楽しむんでいるように見えます。

写真好きの人の撮る目的は違うかも

写真好きの人、写真を趣味としている人達の写真を撮る目的は、上の3つとはチョット違うように思います。

というか、プロではないので写真を撮る目的なんて最初は持っちゃいない。

僕の場合、もし、なぜ写真を撮るかと聞かれたら「楽しいから」ときっと答えます。
何がそんなに楽しいの?と聞かれたら、「普段、目で見たものとは違う情景などが写し撮れるから」と言うかな。

背景をぼかしたり、シルエットで撮ってみたり、時間を止めてみたり、魚眼レンズで特殊な表現をしてみたり・・・。

だから、新しいカメラやレンズを買ってしまって、そして、このカメラやレンズで撮ったらどんな世界を写せるんだろうとワクワク、ドキドキするのだと思います。

最初はそれでいいと思う。そのうち、自己満足では飽き足らず、だんだんと

「もっと写真がうまくなりたい」
「コンテストに応募して実力を試してみたい」
「インスタやブログにアップして皆に見てもらいたい」
「写真展を開いてお客さんを楽しませたい」
「写真仲間と撮った写真を見せ合い、ワイワイ、ガヤガヤしたい」
「フォトブックを作ってみたい」
なんて、目的ができるのではないだろうか?

特に人に写真を見てもらうというのが大事だと思います。美しいと思って撮った写真を美しく感じ、面白いと思ったものを面白く感じて共感する。
そんな思いを写真に込めるために、知識や技術を身に着けて、上手くなろうとするところが写真の良さだと思っています。

まとめ

・カメラやスマートフォンをみんな持ち歩いています。
・一般の人たちの写真を撮る目的は、記念撮影、記録撮影、SNSにアップしたりして楽しむことなのかなと思う。
・折角、一眼カメラを買ったのだから、難しいことは考えずにどんどん楽しみましょう。
・楽しんでいるうちに写真を撮る目的が見えてくる。
・特に写真を人に見てもらうのが大事です。

ということで、今日のところはこの辺で。
写旅人でした。

タイトルとURLをコピーしました