CP+2019 今年も各社盛り上がる!ただ、マンネリ気味?

予告どおり今年も行って来ましたCP+2019「カメラと写真映像のワールドプレミアショー」

今年のこのポスターはいいですね。好きです。写真を撮ることの楽しみが前面に出ていて良く表現されていると思います。

ということで各社どのような盛り上がりを見せてくれるか、期待感マックス。

昨年の記事はこれ。
↓↓↓↓↓

まずは、開催3日目に行った会場の雰囲気 今年も賑わっていましたCP+2018。何といっても年に1度のカメラ小僧の祭典だ...

昨年のわれらのPENTAXは、主流から逸れて独自の360度全天空THETAを押し出し、思わず購入してしまいました。最近、THETAを全然触っていないなあ。所詮お遊びカメラだったか。

今年のPENTAXは、入口近くの昨年と同じ場所に陣取っていました。黒を基調としたブースの作り。しかし、地味だな。昨年も黒を基調としていましたが、”RICOH”の文字は赤だったような気がします。

こんなところにもRICHO本体の損益悪化の影響が出ているのか?

今年のPENTAXというかRICOHの目玉は何といっても新型GR。待ち望んでいたファンは多いと思います。是非触ってみたいというお客さんが大勢列を作っていました。

ちょっと残念だったのが、何か新型のAPS-Cカメラが発表されるかもと噂がありましたが、何てことないPENTAX KPのカスタムということでグリップが木製になったものが展示されていました。

「一体どうなっている、K-3後継は?」新しいAPS-Cのレンズを発売するんだから、そろそろ何かやってくれるとは思うのですが・・・

次に向かったのはソニー。ソニーも昨年と同じところを陣取っています。昨年、RX100を買って初ソニーのカメラを使ってみて意外と発色がいいと思っているところ。

昨年の目玉は”α7Ⅲ”一色。「今年の目玉はなんだっけ?」そうそうα6400が発表されたんだっけ。キヤノン、ニコン、パナソニックがフルサイズミラーレスに参入したけど、しばらくはソニーの優位性は変わらないんだろうな。

次はキヤノン。ソニーの優位性は変わらないようだと言ったそばから、キヤノンが小型で価格を抑えたフルサイズミラーレスを出してきました。”EOS RP”。ブラックとゴールドがあるようです。

何かこれ興味あります。やっぱり小型カメラに惹かれちゃいます。でも何だかレンズがでかそうです。

  ※記事と画像は全く関係ありません 今年も多分行くと思います。全国のカメラ小僧が注目する年に1度の祭典CP+2019。 CP+2019...

この記事でCP+2019の注目度NO1はLUMIXのフルサイズミラーレスでしょと書きましたが、LUMIXブースでの写真撮り忘れました。

実物は何だかでかそうです。写真ではそんなに大きそうには見えないけど、手に取っているのを見るとかなり大きいようです。僕的には大きいカメラはパスだな。

最後はオリンパス。直近に購入したカメラがOMD EM-10markⅡなので、最近はオリンパスに興味あります。

しかし、ここのカメラもでかいよ。”OM-D E-M1X”。でも、お高いし、プロ仕様みたいなので僕には関係ないか。

オリンパスブースで気になったのは、OM-D E-M1markⅡのマイクロフォーサーズ規格でありながらのその画質の良さ。思わず作例を見入ってしまいました。

最後に・・・

今年はLUMIXのフルサイズミラーレスの一人勝ち、注目度NO1かと思いましたが、各社色々と出してきてますね。

僕的に気になったのはキヤノンの”EOS RP”。「いつかフルサイズに手を出す時がきたらソニーかな」なんて何気に思ってましたが、ひょっとするとキヤノンかもと感じさせるカメラでした。

各社のブースを一通り見てブラブラとしましたが、“企画的には何だかマンネリ気味に感じます”

今年は平日に行ったからかもしれませんが、コンパニオンがめっきりと減りました。カメラ小僧の祭典なのでみんなカメラ持っている。その自慢のカメラでコンパニオンを撮るのが楽しみだったハズですが、何か派手やかさがなくなったように感じます。

今後のカメラ業界を暗示しているように感じたのは僕だけでしょうか?

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告