CP+2019 今年も行くよ!カメラ小僧の祭典。注目商品はたぶんあれ!

  ※記事と画像は全く関係ありません

今年も多分行くと思います。全国のカメラ小僧が注目する年に1度の祭典CP+2019。

CP+2019とは「カメラと写真映像のワールドプレミアショー」のこと。例年この時期に開催されます。

開催日:2019年2月28日(木)・3月1日(金)・2日(土)・3日(日)
開催時間:10:00~18:00(初日は12:00から、最終日のみ17:00終了)
開催場所:パシフィコ横浜(展示ホール、アネックスホール、会議センター)

入場料は1,500円(税込)だけど、ウェブで事前申し込みすると無料なので必ず事前登録しておきましょう!

カメラに関係する各メーカーのブースでは、新商品などにいち早く触れたり、今後の商品計画などの情報を得ることができます。

最近はちょっと減り気味だけど、各ブースにはコンパニオンがいるので結構華やかです。
昨年は、ソニー、ニコン、パナソニック、キヤノン、富士フィルムが、広い展示スペースを占めていましたが、今年はどうでしょう・・・

今年も昨年と同じくこの5社が広い展示ブースを独占しています。

スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




今年はパナソニックのフルサイズミラーレスが話題でしょ

  ※記事と画像は全く関係ありません

昨年度はソニーのミラーレスカメラα7Ⅲが最もに人気を集めてましたが、今年の注目度No1は間違いなくパナソニックのフルサイズミラーレスでしょう。

発売時期も3月末だそうで、”ここで大体的にお披露目しなければどこでやるの?”。昨年は「SONYの独走をこれ以上許すわけにはいかないぞ!と2大巨頭のニコンとキヤノンが相次いでフルサイズミラーレスを発表&発売しました。

逃げるSONYと追うニコキャノ。三つ巴の戦いが始まるかと思ったら、まさかのパナソニック参戦!それもライカとレンズメーカーのシグマを引き連れての殴り込み。

このメーカー以外にもオリンパスはE-M1Xを発表!何だかカメラがだんだんデカくなってませんか?富士フィルムはGFX 50Rを出展。ソニーはフルサイズばかりじゃないぞと言わんばかりにAPS-Cセンサーのα6400を展示するようです。

我がPENTAXはどうなっている?

  ※記事と画像は全く関係ありません

我がPENTAXは一体どうなっているんでしょ!?

昨年度はK-3markⅢが発表されるかと思ったらなし。K-1markⅡでお茶を濁し、360度全天空THETAで皆さんとは違う方向を向いちゃってました。思わずTHRTAを買ってしまいましたが・・

まずは、開催3日目に行った会場の雰囲気 今年も賑わっていましたCP+2018。何といっても年に1度のカメラ小僧の祭典だ...

今年はと言うと本当は2018年夏に発売予定のHD PENTAX DA★11-18mmF2.8をやっと発売するみたいです。でも、高くて手がでません。

それと、まさかのHD FA35mmF2を発売するようです。昔のFA35mmレンズをHDコーディングしたレンズです。

大丈夫かな、PENTAX。親会社のリコーも調子悪そうだし、何だな迷走しているような感じがします。世の中はフルサイズミラーレスに舵を切っているようですが、周回遅れのようだし、この際、一眼レフ専業メーカーを目指すというのはどうでしょう。

時代はミラーレスですが、一眼レフのいいところもいっぱいあるし・・。

ただ一つの明るいニュースは、ペンタックスは今年で創業100周年。ペンタックスという会社は無くなってしまいましたが、PENTAXのブランドは生き続けています。老舗の名にかけて何か大きなあっと驚く発表に期待します!

もうひとつ明るい話題を忘れていました。新型GRのお披露目があるかもです。

追記:CP+2019の初日2月28日にAPS-Cカメラの発表の噂が出ています・・

写旅人
なんだろ
スポンサーリンク
レグタングル(大)広告




レグタングル(大)広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする