2018年8月の撮影スポット、夏の花、元気なヒマワリを撮影しよう

夏の花と言えばヒマワリ。太陽に向かって暑さに負けずに元気よく咲くヒマワリを撮りに行きましょう。

青空を背景に広角レンズでグッと寄って迫力ある写真を撮りましょう。

ヒマワリの撮影スポットをご紹介

1.成田ゆめ牧場 ひまわり迷路
本数:過去最多の10万本
期間:平成30年7月7日(土)~8月下旬
料金:300円(牧場入場料別途必要です)
特長:ひまわりの迷路が楽しめる。
公式HP:http://www.yumebokujo.com/

2.あけぼの山農業公園 ひまわり畑
本数:約10万本
期間:7月21日(土)~8月5日(日)終了
料金:入場無料(イベント参加料が一部必要)
特長:ひまわりウィーク開催(7月21日~8月5日)
公式HP:http://www.akebonoyama-nougyoukouen.jp/
  
3.あけのひまわりフェスティバル 
本数:約100万本
期間:平成30年8月25日(土)~9月2日(日)
料金:入場無料
特長:筑波山をバックに八重ひまわり100万本は壮観
公式HP:http://www.chikuseikanko.jp/

今まで撮ったヒマワリ写真(過去写真)

僕はヒマワリが大好きです。何だか元気が出るんですよね。
撮影スポットでも紹介しているあけぼの山農業公園で撮影したヒマワリを作例として過去写真を載せておきます。

あけぼの山農業公園には、風車があり、風車の前の畑に季節ごとの花が植えられます。コスモス、チューリップ、ヒマワリなど。

風車をバックにヒマワリを撮りたいのですが、残念なことにヒマワリの背がちょっと高いので、畑に入るとヒマワリに埋もれてしまって、風車と一緒に撮れないんですね。遠くから狙うと望遠レンズを持ってないのでヒマワリが小さくなってしまう。

それから、ヒマワリが風車の方を向いているので、風車を撮ろうとするとヒマワリが背を向けた感じになるんですね。

ヒマワリはなぜ同じ方向を向く?太陽を向くんじゃないの?

何でヒマワリは風車の方向を向くんでしょうね。朝でも夕方でも、いつも、風車の方を向いてます。

ヒマワリって太陽の方向を向くじゃないのか?

ヒマワリは若いときから蕾までは、太陽の方を向くけど、花を付けるころには東か西を向いたまま動かなくなるそうです。

驚き!知らなかった。

撮影する時は、このことも考慮して撮影スポットを探して見た方がいいですね。

平成29年に行ったあけのひまわりフェスティバルの状況はこちら
↓↓↓↓

夏の花の王様!ひまわり畑を思いっきり撮る!
先日、8月の撮影スポットとしてひまわりの撮影スポットを3つ紹介しましたが、その中の1つの「あけのひまわりフェスティバル」に行ってきました。 この記事を書いている時から「絶対に行く!」と決めてましたから。 「あけのひまわり」の平成30...

今日のところはこのへんで。

写旅人でした。

タイトルとURLをコピーしました