北陸地方をカメラ片手にぶらっと観光してきたハナシ(かにフルコース編)

福井県に来た理由、それは、11月6日に解禁された越前カニを食べること。金沢からレンタカーで1時間半、荒れ模様の天気の中、宿に着きました。

温泉にゆっくりと浸かり、まったりとした後、いよいよカニのフルコースを頂きました。民宿としてはかなりお高い宿だけど、カニを食べさせてくれる民宿としてはお安い宿です。カニの解禁となるこの時期はいつも満室です。

ここにお世話になるのは実は5回目。いつも、来年の予約をして帰るんだけど、皆さん同じことを考えているので、すでに来年の今頃は予約で埋まりつつあり、土日はお目当ての部屋はすでにいっぱい、そんな人気宿です。

FA31mmF1.8AL の最高レンズでカニ料理を撮る

「料理を美味しそうに見せるためには、暖色系で撮る」、「料理を良く見せるために箸などの小道具を使う」など、料理写真を撮るためのテクニックがあるようですが、今回はカニを食べるのに忙しく単なる記録写真になってしまったので悪しからず。

それで、いってみよ~。かにフルコース!

まず、最初に出てきたは、かにの刺身。刺身ですから新鮮でないと食べられません。味は甘くてうまい。いきなりサンキューって感じです。

この宿自慢の「カニの甲羅焼き」。嫁さんはあまり好きではないようだけど、僕は大好き。焼いた蟹の身が甲羅にぎっしり。ゆで蟹とは違った香ばしい味が美味。

最近の新メニューとして登場した「蟹フライ」。ご主人が研究に研究を重ねて、最近、メニューに追加された一品です。

さらに、この店のオリジナルの「かにみそしゃぶ」。かにみそをじゃぶじゃぶします。こんなこと普通の店でできますか~。

かにみそをじゃぶしゃぶすると、写真のように花が開いたようになります。これは、新鮮である証拠。冷凍かにを解凍してしゃぶしゃぶしてもこのようにはならないとか。

かに味噌がこんなにたくさん。これで一人前です。ブラボー。

かに味噌をしゃぶしゃぶしたものをポン酢に付けていただきます。絶品!

さあ、お次はカニのしゃぶしゃぶ。足が3本もあります。

しゃぶしゃぶした蟹の足を先ほどのかにみそに絡めて食べます。しゃぶしゃぶした身も新鮮なので締まっています。あ~生きててよかった。

本日のメインディッシュの茹でかにの登場。専用の釜でゆで上げるそうです。どうです、この大きさ。ゆで蟹のみ大きさを選ぶことができます。小小、小、中、大、特大から選ぶことができます。この大きさで中クラス。特大なんて選んだらどうなってしまうのだろうか。

最後は、先ほどのしゃぶしゃぶの鍋にごはんを入れて、雑炊を作ってくれます。食べるのに夢中で綺麗に作ってくれたところを写真に撮るのを忘れてしまいました。こんな汚い写真で申し訳ないです。味はお茶つけのようで汁が美味しい。

本当は最後に「かにの釜飯」があるけど、お腹いっぱい。朝食に変更もできるので、明日の楽しみにとっておくことにしました。

翌朝、かには続くよどこまでも。昨日、残した蟹の釜めしです。料理は暖色系で撮れを忘れ、青っぽい色となってしまいました。

またもや、贅沢に蟹がたっぷり。ごはんも美味しい。

あ~、幸せな1日でした。蟹好きには堪らない。千葉からはちょっと遠いけど、ここまで来る価値はあります。

この記事を書きながら、よだれが・・・。

北陸地方の旅はまだ続きます。でも、今日も天候が・・・。どこに行ったかは次回。

タイトルとURLをコピーしました