ブログ記事作成の新兵器!テキスト入力専用マシン「ポメラ」

ブログを立ち上げてから約一ヶ月。パソコンで直接記事を書いてもいいけど、ブログを書いてる途中でネットをみたり、メールを見たりで集中できない時があるので、「ポメラ」を使用しています。

テキスト入力専用マシン「ポメラ」って何?

ポメラとはキングジムが製造販売するテキスト入力に特化した製品です。
見た目はモバイルPCのように見えますが、インターネットやメールなどの通信機能はありません。

キングジムと言えば文房具会社というイメージが強く、箱ファイルとかファイルに貼るテプラが有名。そのキングジムがOA機器を製造、しかもメモ専用のアイデア商品を投入したということで発売当初のことを覚えています。

初代機は、2008年に発売されたDM10。一度購入を検討しましたが、キーボードが折りたたみ式で打ちにくかったので、見送りました。

それから、9年たった今、ふと「ポメラってまだあるのかな?」と調べてみると2016年に発売されたDM200が最新機種で7代目。かなり進化していました。

今回購入検討したのはDM100とDM200の2機種

DM200が最新機種で2016年発売。その一つ前の機種がDM100で2011年発売。市場にはまだ旧商品のDM100も新品で出回っていました。

どちらにするか?
機能としては最新のDM200の方が当然上です。ですが、僕の使用するケースを考えるとDM100でもこと足りているように思えました。

結果としてDM100を購入したのですが、僕が購入する上で考慮したDM200とDM100の違いは次のとおり。

①DM200の優れているところ
・文字変換機能がパワーアップしていて誤変換が少ない
・ディスプレイが大きくなったこと
・無線LANが搭載されたこと

②DM100の優れているところ
・乾電池で駆動すること
・価格がやすい

DM100を購入した理由で一番大きいのが②で書いた2点。価格は旧製品なので購入当時はDM200と比較して約1万5千円も安かった。それと乾電池駆動も理由として大きい。DM200はバッテリー式なのでバッテリー切れを起こすとアウトですが、乾電池式であれば、普段はエネループを使用し、緊急時はコンビニで単三電池を買えば使えるので助かります。

①のDM200の優位性は、DA100の優位性を覆すほどのものでありませんでした。

使用してみてどうか?

使用してみて快適です。まず、軽くて小型なので携帯性に優れています。会社の帰りにカフェで書いたり、気分を変えて図書館で書いたり、また、自宅で書く時も画面を開くと即書き始めることができるところが非常にいいです。

また、集中して書くことができるところです。まず、ポメラでとにかく書き殴ります。色々調べたいことがあってもスマホでちょっと調べる程度でとにかく書きます。

その後、PCに転送して文章を見直して確認してアップという手順を取っています。文章書きのプロの作家もポメラを愛用しているようなので、その使い勝手は保証済です。

今日のところはこの辺で。

写旅人でした。

タイトルとURLをコピーしました